【水晶といっしょ】食べる夢、で、結局登る

●乙女座満月のあれこれ販売してます。
●4/3(月)11:00-21:00 南阿佐ヶ谷ウラナイトナカイにて水晶リーディングします。
※水晶リーディングのレクチャーはじめます。開催希望日時のアンケート実施中です。

◇◇◇

LCC編
四天王寺編 
生玉さん編
天満宮経由橿原行き編
龍に蓋編につづきます


飛鳥を後にし、その後は三輪に。大神神社近辺です。
夜はぱったり静かで店は居酒屋らしいものしかあいてないです。コンビニもつい最近できたばかりだそうで。
夕飯に困って駅に近い居酒屋に入り、「お酒飲めない、ご飯食べたい、おねがい」とマスターに頼んだら、カラ揚げ定食が出てきてうれしかったです。職人めいた雰囲気だったので、お伺いしたところ、すし職人だったそうで…。いいとこ見つけた、また行きたいところです。…店の名前忘れ、そして新しすぎてネットにも乗ってない…。

食べた後は眠くなり、ソッコウ寝ました。9時には寝てました。
そして、案の定、夢を見てました。
食堂で複数名の人と料理を作って、それを食べる、というもの。前の晩の食事がおいしかったからなのかどうなのか分りませんが、一緒に作ってそれをその人たちと食べる、というのはなんとなく象徴的。この旅の事を考えると、食べて消化して自分の栄養になるにはなんとなく時間がかかるようなので、その結果がでるのはもう少し先になりそうです。

20170310113323de8.jpg
翌朝はおひつご飯。お昼も兼ねてしまえとばかりにモリモリ食べました。ここの宿の朝ごはん、美味しいのよね…。宿はこちら■。

宿を出て、大神神社へ。
20170310112856e4e.jpg
2017031712010263c.jpg
前日、たくさん飛鳥を練り歩いたので、登拝はイイかなーと思っていたのに結局登りました(3回目)。慣れてきているので、往復2時間を切る早さでたったか行きました。…登って降りたらお腹も減ります。朝ごはんたくさん食べといてよかった…
この登拝をしていたため、結構な時間この三輪にいました。結局こうなるんだな、と。何かを願ったりすることは昔はありましたが、今は特になかったような気もします。(記憶があいまい)
最初にここに来た時に震えて(感動)いて、それ以来なんとなくほぼ毎年登拝しているのには、何か理由があるのかもしれません。
おみくじは焦らず辛抱、なのでゆっくりペースで今年はやっていくかなーとおもいました。

帰りは奈良駅経由で関空へ。
ここらへんから携帯電池切れで写真取れませんでした。
時間があったので、興福寺でイケメン(阿修羅像)見て帰ろうかなーとおもったら、なんとそのときはみられず…。アーモンドアイの仏頭を間近でみられましたが。JR奈良駅の真ん前にある観光案内所にスタバが入っていて便利になってた!充電もできたので助かりました。外国の方もたくさん出入りしてました。

最後に関空で551の肉まん&海鮮やきそばで締めて帰りました。
20170317150553cd4.jpg

ブログに書いたもの以外にもいろいろ行ってます。あぁ、実はこういうことだったんだーと独り気付く場所がいろいろあって面白かったです。それはオイオイ…
独り旅の醍醐味はどこ行っても誰にも気を使わなくていい。家族や友人と行く楽しみもあるけれど、自分コンパスに忠実で居られるから、ちょっとしたコンパスの反応にあわせられる。水晶リーディングやRVの訓練でも五感を研ぎ澄ますということをする場合があります。水晶を持って旅に出る、うろうろする、のは水晶見るにもいいのではーと思います。


ブログランキング参加してます。ぽちっと応援ありがとうございます☆ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【水晶といっしょ】龍に蓋

●乙女座満月のあれこれ販売してます。
●4/3(月)11:00-21:00 南阿佐ヶ谷ウラナイトナカイにて水晶リーディングします。
※水晶リーディングのレクチャーはじめます。開催希望日時のアンケート実施中です。

◇◇◇

LCC編
四天王寺編 
生玉さん編
天満宮経由橿原行き編につづきます

お弁当を食べた後は岡寺へ。
2017031712374870f.jpg
坂の上、というか崖の上にあります。上から見る本堂、美しいです。
20170310114033c28.jpg
昔この土地で暴れた龍を封じ込めた池。岡寺の寺号は龍蓋寺。そのままやん。。。
20170317123739d90.jpg
奥院近くには趣ある仏がちらほらあります。
2017031712375768b.jpg
ちょっと見にくいですが、手に抱いているのは五輪塔。
じーっくりみてたら急に気付いて、おぅ!と唸りました。
ここは奥院に行く道に苔むした石像がたくさんありますので、じっくり観察するといいです。

さて次はどうしようかーと思ってふらふら歩いていたら、藤原鎌足の生まれた場所やら、鎌足のお母さんのお墓(円墳)があったりと歩いているといろいろ見つかって面白かったです。
20170317130403e98.jpg
円墳は、小さな丘でした。
そして道すがら、梅満開で幸せな香りに包まれました。
20170310112959c56.jpg

ふらふら歩いているうちに、飛鳥坐神社の裏側を歩いていたらしく、そのまま神社へ。(全く行き先がわからないまま歩くって帰れなくなる危険性もあるけどこういうこともあるのでやめられない)
20170317120053c9a.jpg
ちょっとした丘の上にある神社。昔のマツリをしていた雰囲気のある場所に社がたったのね、というところです。
民俗学者の折口信夫が初恋を意識したところ、です。…ちょっとwikiったら、彼は天王寺の学校にいってたのか…私の旅は天王寺から始まったという…おまけに大阪出身…ナニコレ。
どろっと、じめっとした雰囲気は相変わらずで、あんまり深くそこに入っていけない雰囲気があるところです。ちょうど、御夫婦が子宝祈願されてたようで、朗々と祝詞が聞こえてきました。
20170317132334465.jpg
マラ石があっちこっちにほんとにいっぱいあります。御祭神も飛鳥神奈備三日女神、高皇産霊神、など、もともとこの土地にある神やらお産にかかわる神。なんとなく、ワタシの言語体系とちがうようで理解できないこともありそうなので早々と立ち去りました。

最後は飛鳥寺、蘇我氏の氏寺です。
20170317133331eb9.jpg
20170317120115597.jpg
御朱印。左は飛鳥寺、右は岡寺。
相変わらずの飛鳥大仏。かわらずアーモンドアイの大陸からの風を感じる仏像。歩き疲れた身体を休めてお堂に座り込みじっくり見させていただきました。時間によってはお堂の中は混みますが、人の波はしばらくするとすいてきました。
火災などで焼けてしまった部分があるので、つぎはぎだらけの仏ですが、いいお顔してます。久しぶりに飛鳥に来たので、どうしても見たくなったので合いに行きました。
最後に蘇我入鹿の首塚をみて、いつもの宿に向かいました。

四天王寺に飛鳥寺にと蘇我氏巡りしてたんかな???

翌日はあそこにのぼる(3回目)です。




ブログランキング参加してます。ぽちっと応援ありがとうございます☆ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【水晶といっしょ】 天満宮経由橿原行き

●乙女座満月のあれこれ販売してます。
●4/3(月)11:00-21:00 南阿佐ヶ谷ウラナイトナカイにて水晶リーディングします。
※水晶リーディングのレクチャーはじめます。開催希望日時のアンケート実施中です。

◇◇◇

LCC編
四天王寺編 
生玉さん編につづきます

天満でヘンテコな夢を見た翌朝は、大阪天満宮へ。
2017031011372580f.jpg
街に溶け込んだ天満宮。
その日は梅が満開でした。
20170310113734964.jpg
この天満宮のお水は江戸時代には大坂四か所の清水、といわれ、美味しいお水だったそうです。手水の作法、とかもきっちり書いてあったりして。水晶も喜んでましたw
そんなに広い境内ではないのですが、境内では近隣の方々、氏子さんであろう方々が熱心に境内を掃き清めてらっしゃいました。
結構早い時間でしたが、歩きまわっている私が邪魔しないようにするくらいの結構な氏子さんの数でした。そして朝早くから参拝して会社に行くであろう会社員の方、参拝はせずとも、神社の入口で一礼して通り過ぎる人、など生活の一部に寺や神社がある街だなぁとぼんやりと眺めていました。

私のうちの周りにも神社はありますが、どうもここまで生活に密着しているかどうかはハテサテ…。門戸もせまく、なんとなく入りにくい感があるのも否めない。この天満宮の門戸の広さが少しうらやましく感じました。というか、大阪、という土地がそうさせるのか…。わかりませんが、なんとなく関東とはちがうな、と感じました。

で、電車に乗って橿原神宮へ。
本当は橿原市の考古学博物館に行こうかと思ったのですが、前の日までの情報量が多く、ぼんやりしたいと思ったので、神宮やその周りの稲荷社でぼんやりしに行きました。
20170310114024871.jpg
白無垢の花嫁さんもいらっしゃり。。。
結婚式を挙げている方が多かったです。
この神宮はとにかく清浄でなんもなーいところ。
20170317120043cb3.jpg
御朱印はこんな感じ。神宮、以上!

その裏の稲荷社が一手に人のいろいろ引き受けているよう。
2017031711531024b.jpg
旗がカラフルー。ここも古墳らしいです。
考古学博物館、その近くの古墳はまたの機会に行こうか。。。

お腹もすいたのでいったん橿原駅に戻り、弁当を買って飛鳥方面へ。
どうやっていくベー、とぼんやりしてたら親切な駅員さんがいろいろいろいろ教えて下さり、地図やらお得情報やら割引券やらなんやらかんやら…。飛鳥へや周遊バスに乗っていきました。
とりあえず石舞台古墳でご飯。
20170317121621b04.jpg
柿の葉ずし&てまり寿司。歩きまわる時はコメに限る。
2017031712163278f.jpg
石舞台古墳は遠目で。何度も入ったからもういいですw

で、お寺巡りにむかいます。。。




ブログランキング参加してます。ぽちっと応援ありがとうございます☆ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【水晶といっしょ】生玉さんにいきました

●乙女座満月のあれこれ販売してます。
●4/3(月)11:00-21:00 南阿佐ヶ谷ウラナイトナカイにて水晶リーディングします。
※水晶リーディングのレクチャーはじめます。開催希望日時のアンケート実施中です。

◇◇◇

LCC編
四天王寺編 につづきます

生島大神、足島大神を祀っている神社が大阪にあるので興味があり、生國魂神社(=生玉さん)へ。
20170310112845290.jpg
写真の左側は町名。
右側は神社近くの建物。キテレツな大きな玉が乗っています…そうです、ラブホテルです。
そんな中にどっかりと鎮座する神社、それが生國魂神社です。ここ半年、渋谷でリーディングしてたから慣れていたとはいえ、水晶もびっくり。初めて行くところなので、グーグルさんのお世話になりながら歩いて行ったのですが、その道?!というところを案内され、ラブホ街を避けることなく、ど真ん中を歩きながら行きましたよ。。。

20170310112803146.jpg
境内にはいると一気に緩む穏やかな雰囲気です。ですが、入った瞬間、ちょっと狭くないか?と感じました。居るカミサマたちの濃度が濃い、感じ。でも、だいぶうすくなったのよ、これでもという感じもあり、行ってみると面白いところだと思います。
201703161442485fb.jpg
御朱印はこんなかんじ。

20170316143906214.jpg
井原西鶴はこの神社で24時間で四千句読みあげたそうです。
20170316143915d68.jpg
上方漫才発祥の地らしいっす。

他、たくさんの境内社があります。
縁切りとか、巳さんとか、大阪城の鬼門守りとか、たんまりあるのですが、意外と境内こじんまりです。

この神社、事前によんでいた中沢新一さんの大阪アースダイバーで斜め読み/飛ばし読みしただけなので、あんまりよくわかってなかったのですが、国家の祭祀「八十島祭」を執り行われる難波大社らしい。八十島=日本、という意味。島が集まったのが日本であるということでしょう。
もともとあった場所は別のところにあり、大阪城を作るために今の土地に移ってきたそうです。移ってきた周りにラブホ的なものがポコポコうまれてきているっていうのもおもしろいなぁと。

次は奈良編になります。

その夜に夢を見ました・・・ワタシこういうカミでーす、って言われた…追記に書きます。




ブログランキング参加してます。ぽちっと応援ありがとうございます☆ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

続きを読む

【水晶といっしょ】大阪を歩く 四天王寺編

●3/27(月)水晶リーディングモニター募集
●4/3(月)11:00-21:00 南阿佐ヶ谷ウラナイトナカイにて水晶リーディングします。詳細は後日。。
※水晶リーディングのレクチャーはじめます。開催希望日時のアンケート実施中です。

◇◇◇

ぼちぼちつづらないと、忘れてきてしまう~。もう10日以上前で体験がエッセンス化してきた・・・
そしたら新今宮(天王寺の一つ手前、乗り換えに便利なところ)にリゾートホテル?ができるというニュースが流れてきたので、急いで書いてみる。そんなホテルができる前にまた歩きに行きたくなってきたー!
前回の続きです。

LCCで関空に飛んで、ヒャッハー楽しー!のまま、電車を乗り継ぎしてウキウキしながら寺に向かいます。関空と大阪の街のアクセスは近くていいなぁと思いました。成田は遠いなぁ…と感じるのですが、関空はなんとなく近く感じます。
大阪はいつも通りすぎて京都や奈良にいくところ、でした。立ち寄ったり泊るところではなかったのですが、今回は和えて大阪を歩く、ことをしてみました。

最初は四天王寺。
201703101123514ff.jpg
五重の塔、どーん!ここは登れます。が、どうも気が向かず登りませんでした。下からニヤニヤながめていました…。
20170310112812833.jpg
重要文化財でもある石鳥居も。春分と秋分の日に太陽がこの鳥居の中心を走るらしいです。見たい…

この五重塔と石鳥居をみていると、太陽の力をうまく利用している場所なのかしら?とも感じてきました。
五重塔はきっとこの時代にはここにしかこんな巨大なものはなく、海からも見えたんじゃないか、と。下からニヤニヤ塔をながめていたのも、昔、ここにいた人の気持ちに思いをはせたりして独り妄想していたせいです、はい。

20170316130123e53.jpg
御朱印を書く、というのは修行の一環らしく、お坊さんが書いてました。窓口で朱印帳を買いましたが、そのときにどの御朱印にするかモジモジしてたら、早くせんか!と怒られた…。古風でシンプルな朱印帳で好みです。


四天王寺は仏教を広めるために聖徳太子が建立した寺(593年)。で、政治の中心としてもどっしりと構えて作られた場所でもあります。一方で物部守屋氏と蘇我氏の戦いの結果に建てられた(負けた物部守屋の鎮魂)場所でもあります。大阪でも天王寺周辺は比較的土地が盤石なところにあるので、政治の中心に据えるにはいい場所だったのかもしれないなぁと。四天王寺は周辺の学校があり(今も昔も)、文化的な中心でもあったんだろうなと。

私は本の読んだり調べたりするのはもともと好きなほうではありますが、読んでいた事柄や場所にいってその確認をしたり感じたりするのがどうも趣味のようで、今回の四天王寺はその作業をしてました。
宗教という人のこころのよりどころ、というよりか政治的であったり、ヒトの欲をうまく律したりつかったりするのにたけているような感じがあるような場所、でした。

で、次は思いっきり水っぽくビッチャビチャな神社にいきました。。。
ブログランキング参加してます。ぽちっと応援ありがとうございます☆ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

freude

Author:freude
品川と宇都宮でボディワーク、エネルギーワーク、水晶リーディング、オーラソーマをしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
blog
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR