水星逆行は12ハウスで

先日、水晶仲間に教えていただいたヒプノセラピー(前世療法)の
お試しセッションを受けてきました。

ワイス博士の本、有名ですね。
前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘 (PHP文庫)前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘 (PHP文庫)
(1996/09)
ブライアン・L. ワイス

商品詳細を見る


お試しセッションはまるでタロットの一枚引きのような
その時必要な情報がやってきます。

で、マチェーテ(ダニートレホ)が…
マチェーテ02
ロバートロドリゲス監督で2作映画が作られています。

こんな怖い顔じゃないんですが、
こんな感じのいかつい男性、19世紀から20世紀前半のアメリカ人が出てきました。
流浪をしているようです。
上下皮の服を着て、皮のハットをかぶっています。
立ち寄った町は荒廃しているのか、それともよそ者を受け付けないためか居留守をしているのか人影が見えない。
「あれぇ、だれもいねーなー」と言って、さっさと次に向かって進むといった気楽さを感じました。
いまの私とある意味リンクします。
出てきた登場人物(前世)の名前、場所、服装まで短い時間の中でしたがぎゅぎゅっと出てきました。

その後、髪を切ったのですが、
よくよく見ると、ヒプノでみた男の人と同じ髪質!
…いやーん、びっくりー
みた男の人は禿げてたけど、今は女だし禿げてませんw

今と前世の間、現実と潜在意識の間には
境界がありますが、そこの間が私は薄かったり、深淵なものが浅いほうなので、結構見やすいみたいです。
水晶リーディングをしているから、とも言えるかもしれません。

今回の水星逆行は私にとっては12ハウスを水星がさかのぼっています。
12ハウスは見えない世界、潜在意識をつかさどります。
水星は知覚する能力。
この二つを掛け合わせると、前世を見に行くっていうのはそのまんまの行動です。

おせわになったのは
PADOMAの根本さん
http://www.padoma-therapy.com/
ブログはこちら←クリック!

視覚で見える世界だけがすべてではなく、見えない世界だけがすべてではない。人の手を借りたり、自分で見に行ったりできる自由なスタンスでいられるているのが前世マチェーテを見て気付きました。・・・「俺今幸せだわ」だってさ。
スポンサーサイト

ブログランキング参加してます。ぽちっと応援ありがとうございます☆ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

freude

Author:freude
品川と宇都宮でボディワーク、エネルギーワーク、水晶リーディング、オーラソーマをしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
blog
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR