カラダと水晶


今週月曜日は、水晶リーディングモニターさんをお迎えしての練習会でした。一緒に練習できた皆様&みかみ先生、ありがとうございました。モニターになってくださった方々、ありがとうございました。

スパルタな4人連続×約40分、でした。
こんなに休みなくリーディングしたら、へとへとになるだろうなーと思っていたところ、案外そんなこともなく…かえってやればやるほど元気に。2人目終わるころに、「あー、元気になってきた―。調子上がってきたわ―↑」な感じ。昔は1人見るだけでもぐったりだったんですけどね。

つい先だって、NHKのミラクルボディという番組を見ておりました。
パラリンピックの幅跳び選手マルクス・レームさんのお話し、とても興味深かったです。
リンクはこちら
不足した個所を補うために鍛錬し、健常者以上のパフォーマンスを発揮。その鍛錬をすることで、普段人間が使えてない能力が開花するというのを調査してました。
この番組を見ている中で、カラダを鍛えるということは、脳が普段使っていないところを使うことができるということが分かり非常に心躍りました。そしてどこを鍛えて何に使うか、ということを明確にしているとより能力を発揮しやすいのではないか、とも思います。
きっと再放送があるとおもうので、興味のある方はこの回だけでも見てほしいっす。


水晶瞑想会、8/3(水)にやります。
残席2~3。
11時から白金高輪にて
http://freude2012.blog.fc2.com/blog-entry-785.html
お申し込みはお早めに!

追記には水晶リーディングは体力筋力勝負、ということを少し書きましたので、お時間ある時にどうぞ読んでくださいまし…


☆★☆

ハーブティ行商してます
水だしもできます
http://freude2012.blog.fc2.com/blog-entry-786.html

7月25日(月) 品川でモニター募集
http://freude2012.blog.fc2.com/blog-entry-782.html

8月28日(日) 白金高輪でフラワーエッセンス初級講座
http://ameblo.jp/frieden-f/entry-12127862244.html



ブログランキング参加してます。ぽちっと応援ありがとうございます☆ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


水晶見も体力を使います。「え?」と思われると思いますが、呼吸と集中&弛緩のうまいバランスを保つには筋肉が必要。カラダを程よい状態に保ったまま眠りの直前の状態をキープしながら水晶を見ているのです。ワタシのここ数年の筋トレブーム、水晶見に役立っていたようで、このスパルタ練習会でよくわかりました。練習の合間、なんとなくそんな話も(カラダと水晶リーディングの関係)出ていたような…
水晶を見る、といいますが、エーテル体を水晶にまとわせ、そのまとわせたものから見る、ということになり、エーテル体をうまく出し入れできるような丈夫なカラダが必要かと。エーテル体は肉体に一番近い見えない体の層でもあり、なにかにつけてヒーリングやボディワークでも話が出てくる領域です。ある意味、水晶を見ることはエーテル体の体操かなぁと私は感じてます。肉体は鍛えることで目に見えて丈夫になったり筋肉がついたりとわかりやすいのですが、エーテル体となると「?」。水晶見をしていると、見える時間が長くなったり、つかみ取りやすくなったりする、ということがエーテル体が鍛えられている、ということかもしれません。
肉体とエーテル体はすぐそばにある領域なので、この二つを鍛えることで水晶リーディングを長時間しても疲れない、ということなのかなぁと。普段、エーテル体を意識して生活することなんてあまりないと思います。そこを意識して鍛えているうちになんだか見えるようになってきた、というのが水晶リーディングなのではないかと…なかなか面白いので記録として残します。

で、カラダを鍛えるのは主にプラーナの通り道に近い脊柱起立筋がいいのかも、と思います。体を支える筋肉でもありますので。
youtubeなどでたくさん検索すると出てくる「フロントブリッジ」お勧めです。私は1日おきくらいに1分×3回(プラス腹筋背筋など)しています。最初はなかなかできませんが、やっているうちに丹田の位置、腰骨のおさまりが良い位置などカラダにとって良いバランスがわかるようにもなってきます。ご参考まで。。


スポンサーサイト
プロフィール

freude

Author:freude
品川と宇都宮でボディワーク、エネルギーワーク、水晶リーディング、オーラソーマをしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
blog
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR