土用がじわりとやってくる~リーディングスイッチ

早速のお申し込みありがとうございます!
【2/3 節分まで受付】 水晶からの伝言&薫りサポート
http://freude2012.blog.fc2.com/blog-entry-833.html

☆★☆


さっぶい日がつづきます。
土用も明日から。
昨日、水晶を神社のわき水で洗いに行ったら、水のほうがあったかくてそのまま池の鯉になりたいと思ってしまいました。

慣れ親しんだところが徐々に変化していく、というのは悲しいことでありますが、しかたのないことなのかもしれません。
2017011612301611a.jpg
幼いころには当たり前だった風景が、変わっていてちょっと悲しかったのです。
実家近くの公園、私の小さい頃から憩いの場、でした。
生気ある木々だったのに、なんだか疲れちゃったみたいでね…
桜の木の寿命って短いらしい(5-60年)ので、もうこの木も疲れてきても仕方ないですな。

こんなことを感じているのは、ワタシ自身の寿命も折り返しに来てるからかもしれません。
元気に生きられるというのは幸せなことであります。
この時期(冬土用)はどうも気分が沈みます。会社員時代はいつも断食道場に籠ってデトックスにいそしんでおりました。春になる前の浄化時期、脱皮まえのなかなかカラが脱げない時期だから。そうするとなんとなーくウツウツした気分になっちゃうのですよ。

ウツウツした心地を切り替えるにはどうしたらいいのか、と考えあぐねているときに、ふとわかったことがあります。
リーディングするときのゾーンに入るスイッチが。
何も考えない、というのは無理な話ではありますが、
空虚でいることを考える、となんだか楽になれたのです。
これって、瞑想テクニックでもありますが、瞑想する、という特別な環境でなくてもいつでもできるのですね。←いまさらw
ぼーっとする、とはちょっと違うのです。
空虚と、ぼーっとは違う。
いまさらながら、その空虚とぼーっとの切り替えをカチカチやってみて、妙に腑に落ちたというか。
最初、練習しているときはぼーっとするから入るのですが、それがだんだん空虚になっていく。で、そうあることでざざざーっと情報が降ってくる。もしくは下からわきあがってくる。器があればそこに水が注がれるように、です。

で、その器にふってきたのはエーテル体を介して水晶に巻き付いて映像となるという算段。
なので、ふってきたものはすぐにわすれちゃうんですけど…
たまに強烈な映像として目に焼き付いているものもあります。
自分の映像ではないので結構忘れてしまうことも多いのですが。


水晶関連の予定


2月16日(木) 水晶瞑想会@渋谷←水晶遠足します!
http://freude2012.blog.fc2.com/blog-entry-785.html

2月27日(月)水晶リーディングモニター募集
http://freude2012.blog.fc2.com/blog-entry-793.html

追記には空虚、について


ブログランキング参加してます。ぽちっと応援ありがとうございます☆ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


空虚、というとなんとなくネガティブなイメージがあるかもしれません。
ネガな感じは「虚しさ(むなしさ)」という感覚かもしれません。
ここでいう空虚は「空っぽで何もない」ということを指してます。

空っぽで何もなく、
なんの色も付いてない
というのが大事なのかなと。

なにもないところに見えたものを
そのままつたえる、というのが
水晶リーディング。

何かあるのであれば、
なくす訓練をする、
というのが練習会や瞑想会、ではないかなと思います。

独りで練習している際に、
何か気持ちの上で引っかかりがあるようでしたら
それを流していくといいかもしれません。
スポンサーサイト
プロフィール

freude

Author:freude
品川と宇都宮でボディワーク、エネルギーワーク、水晶リーディング、オーラソーマをしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
blog
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR