【水晶といっしょ】大阪を歩く 四天王寺編

●3/27(月)水晶リーディングモニター募集
●4/3(月)11:00-21:00 南阿佐ヶ谷ウラナイトナカイにて水晶リーディングします。詳細は後日。。
※水晶リーディングのレクチャーはじめます。開催希望日時のアンケート実施中です。

◇◇◇

ぼちぼちつづらないと、忘れてきてしまう~。もう10日以上前で体験がエッセンス化してきた・・・
そしたら新今宮(天王寺の一つ手前、乗り換えに便利なところ)にリゾートホテル?ができるというニュースが流れてきたので、急いで書いてみる。そんなホテルができる前にまた歩きに行きたくなってきたー!
前回の続きです。

LCCで関空に飛んで、ヒャッハー楽しー!のまま、電車を乗り継ぎしてウキウキしながら寺に向かいます。関空と大阪の街のアクセスは近くていいなぁと思いました。成田は遠いなぁ…と感じるのですが、関空はなんとなく近く感じます。
大阪はいつも通りすぎて京都や奈良にいくところ、でした。立ち寄ったり泊るところではなかったのですが、今回は和えて大阪を歩く、ことをしてみました。

最初は四天王寺。
201703101123514ff.jpg
五重の塔、どーん!ここは登れます。が、どうも気が向かず登りませんでした。下からニヤニヤながめていました…。
20170310112812833.jpg
重要文化財でもある石鳥居も。春分と秋分の日に太陽がこの鳥居の中心を走るらしいです。見たい…

この五重塔と石鳥居をみていると、太陽の力をうまく利用している場所なのかしら?とも感じてきました。
五重塔はきっとこの時代にはここにしかこんな巨大なものはなく、海からも見えたんじゃないか、と。下からニヤニヤ塔をながめていたのも、昔、ここにいた人の気持ちに思いをはせたりして独り妄想していたせいです、はい。

20170316130123e53.jpg
御朱印を書く、というのは修行の一環らしく、お坊さんが書いてました。窓口で朱印帳を買いましたが、そのときにどの御朱印にするかモジモジしてたら、早くせんか!と怒られた…。古風でシンプルな朱印帳で好みです。


四天王寺は仏教を広めるために聖徳太子が建立した寺(593年)。で、政治の中心としてもどっしりと構えて作られた場所でもあります。一方で物部守屋氏と蘇我氏の戦いの結果に建てられた(負けた物部守屋の鎮魂)場所でもあります。大阪でも天王寺周辺は比較的土地が盤石なところにあるので、政治の中心に据えるにはいい場所だったのかもしれないなぁと。四天王寺は周辺の学校があり(今も昔も)、文化的な中心でもあったんだろうなと。

私は本の読んだり調べたりするのはもともと好きなほうではありますが、読んでいた事柄や場所にいってその確認をしたり感じたりするのがどうも趣味のようで、今回の四天王寺はその作業をしてました。
宗教という人のこころのよりどころ、というよりか政治的であったり、ヒトの欲をうまく律したりつかったりするのにたけているような感じがあるような場所、でした。

で、次は思いっきり水っぽくビッチャビチャな神社にいきました。。。
スポンサーサイト

ブログランキング参加してます。ぽちっと応援ありがとうございます☆ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

freude

Author:freude
品川と宇都宮でボディワーク、エネルギーワーク、水晶リーディング、オーラソーマをしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
blog
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR