台北にいきました ⑤

   のつづきです。

さんざん食べて、怒られ(④でかいてあります)が終わった翌日は帰路につきます。
午前中にはいつものゆる豆腐を食し、ちょっと街をぶらぶら。
DSC_1794.jpg
パンチの利いた看板からもうお帰りと言われたので帰ります。

帰りもCXに乗ります。
DSC_1809.jpg
搭乗ターミナルには目的のお店がなくて、どうしようかなーとうろうろしていたら、ターミナルがつながっていることに気付く!
DSC_1823.jpg
めでたく旨いものたちの食べおさめ。
DSC_1815.jpg
タピオカミルクティーは無糖もしくは甘さを減らすことをお勧め。
DSC_1816.jpg
最後は温かい豆花を食して台湾を後にしました。
IMG_20180503_130458_724.jpg
毎日毎日、台北のものを食べた。食べ続けました。胃のセンサーがおかしくなってたかもしれません。かえりの機内食は全部食し、そしてデザートのハーゲンダッツもおかわり。
成田到着後、車で帰ります。
帰りの高速でブタ丼食しました…
DSC_1830.jpg
車窓から見る夕焼け、きれいでした。

食べてばっかりで、こうなった話は追記へ



ブログランキング参加してます。ぽちっと応援ありがとうございます☆ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
帰りの飛行機、ボーイング777は3列×3ブロックの横一列は9人掛け。その真ん中に座っていたところ、冷房が一番きつい列でした。それにもかかわらずハーゲンダッツもしゃもしゃ食していました。帰路の最中、ブタ丼を食していたところどうも喉がカリカリしてきたのです。…翌日、高熱(7年ぶり)になりました。
熱がぐんぐん上がってきて、お?これは発熱?ちょっと嬉しい。と思っていたところ38度超え。ここまで上がるとちょっとまずいので家の人に薬とC1000ビタミンレモン゙大量買いをお願いして1日をそれで過ごしました。
あっという間に熱は下がり、翌日は鼻水だけとなりました。
冷房にあたって身体が冷えたところに、アイスクリーム→身体が全部冷え切ったところで自力で熱を出すという図式。わかりやすい・・・。

高熱を出した日の翌日からの食欲がコレマタオカシイ。
ねぎ味噌汁とおにぎり、そしてC1000ビタミンレモンしか身体が欲しがらない。あんなに台湾を食べつくした胃が全く受け付けてくれないのです。おにぎりをもぐもぐゆっくり食べるのが幸せ、ねぎ味噌汁(たまに卵入り)をゆっくり飲むのがおいしい。でもそれ以外はおいしくないと。こういう生活が2週間くらい続いたらあっという間に台湾前の身体に戻りました。今は山登りも再開してます。

急激な変化には急激なことで身体は戻そうとしますの実例。たまたまかもしれませんけど。
スポンサーサイト
プロフィール

freude

Author:freude
品川と宇都宮でボディワーク、エネルギーワーク、水晶リーディング、オーラソーマをしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
blog
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR